NPO法人 日本オーガニック・ガーデン協会(JOGA)


★受講予約フォーム
  PC用 


  携帯用 


お問い合わせはメールでどうぞ!








★マイスター講座事局



 TEL/FAX0466-51-0584

■各科目の内容



【1】総論
〜オーガニック・ガーデンからはじまる持続可能な社会〜
  講師:曳地義治&曳地トシ(JOGA)

地球規模での環境汚染や環境破壊が深刻な問題となっている
今日、国際社会から個人の日常にいたるまで、人間活動のあら
ゆる場面における環境保全への取り組みが必須となっている。
そして、取り組みの基礎となるのが、私たち一人ひとりが環境問
題について正しい知識と理解を身につけることである。その実践
の場として、もっとも身近な個人の庭や近隣の緑をオーガニック
に管理することは、私たち自身の健康や暮らしの安全だけでな
く、環境全体の保全と再生にもつながる大切なステップとなる。

総論では、自然と暮らしのつながりを学ぶ中から、オーガニック
とは何かを考えていく。さらに、総論に続く各講座がそれぞれ独
立したものではなく、有機的なつながりと意味をもつよう構成さ
れており、総体的にオーガニックの概念を捉える。

2】庭から見た生物多様性〜虫たちの生活史
  講師:曳地義治&曳地トシ(JOGA)

どんなに小さな庭もそこは多様な生きものたちの棲む場所であ
り、ワンダーランド。オーガニックな視点で見れば、虫たちは生態
系を豊かにする存在だ。庭という限られた自然の生態系を理解
することで、「虫一匹いない庭」がどれほど不自然でおもしろみ
のないものかに気づくだろう。

カブトムシやクワガタがスポットライトを浴びる一方で、なかなか
注目されない庭の虫たち。だが、そんな虫たちのことを知れば知
るほど、ますます庭はおもしろくなる───虫の生態や意外な
一面を探るとともに、天敵の存在や環境に負荷をかけない対処
の仕方を知る。

生態系、虫、土や植物のことを学んだところで、「生活の木」のハ
ーブガーデンで、実際に植物と虫の関係をフィールドワークで観
察。ハーブ苗の購入もできる。昼食はハーブガーデンのレストラ
ンで。

【3】オーガニック・ガーデンの土壌学
   〜土…いのちを宿すもの〜
  講師:曳地義治&曳地トシ(JOGA)

土は単に植物を支えているだけのものではない。植物と他の生
物たちを育むための母なる大地。その大地を現代人はコンクリ
ートで固め、命を宿す場としての土を忘れてしまっている。土本
来の持つ意味とは? そこに生息するいのちとは?

【4】「土の中の生態系〜腐食連鎖から見たいのちの循環」
  講師:伊沢正名(写真職人・糞土師)

生態系は食物連鎖(生食連鎖)という関係で説明されることが多
い。しかし、もうひとつ大事なものに、「腐食連鎖」がある。人間
社会では、排せつ物を「廃棄物」としてしか見ないが、自然界で
の排せつ物は他の生物たちの大切な栄養源である。動物のフン
や死骸を食べ物として利用し、再び糞をして生きていくものもたく
さんいる。そうして、分解して土にかえしていく。つまり、自然界で
は、すべてが無駄なく循環している。

食物連鎖は下から上へのつながり、腐食連鎖は上から下への
つながりであり、この二つがあわさることで、循環は形づくられ
る。

【5】「オーガニックスプレー(自然農薬)とは」
    「化学農薬と自然農薬のちがい」
  講師:曳地義治&曳地トシ(JOGA)

園芸店やホームセンターの陳列棚に並ぶたくさんの殺虫剤。そ
のほとんどが、「不快害虫」を殺すために売られている。「不快害
虫」とは、人間や植物に危害を与えないにもかかわらず、見た目
が気持ち悪いというだけの虫たちのことである。だが、農薬の売
られ方、散布のされ方、人体や環境に与える影響、処分の値段
については案外知られていない。また、「自然素材で安心」とい
うことで売られている薬剤にも、オーガニックとしては問題があ
る。

自分で手作りでき、安心して使えるオーガニックスプレーの使い
方、散布方法などを学ぶ。


【7】オーガニック・ガーデンの視点から見た
            実用的な植物の特性と管理方法
  講師:曳地義治&曳地トシ(JOGA)

農薬や化学肥料なしで草花や樹木とつきあっていくためには、
実際的な植物の分類や生理、生態系の中での位置づけ、他の
植物や生物たちとの関係、土壌とのつながりを知ることが必要
だ。そうして初めてオーガニックな植物との関係が動き出す。ま
た、雑草が生態系の中でどのような役割を果たしているのかを
知ることで、積極的に雑草を利用することができる。雑草は「敵」
ではないのだ。

【8】木のメッセージを読み取る〜環境の表現者としての樹木
  講師:岩谷美苗(樹木医・森林インストラクター・NPO法人樹木生態
      研究会事務局長)

動物と違い、動くことができない木。だが、木も成長し、病気にな
ることもあれば、いつかは朽ちていく。その成長過程でさまざま
なメッセージを出し、自分の今いる環境を表現している木。木を
食害する虫や病原菌は、生きていくために弱い木を狙っている。
特に人が住んでいるところにある木は、枝を切られたり、根本を
踏まれたりして、元気がなくなっていることが多いので、病虫害
にあいやすい。木は元気な時には病気にかかりにくく、傷を受け
てもすぐ直せるし、病虫害にあいにくい。一方、病気や食害によ
って傷を受けたり、うろをつくったりするが、生態系全体でみると
必ずしも悪いことではなく、そこに他の生物がすみつき、そのこと
で生態系を支えていく。木のメッセージを知ることが、自然とつき
あっていくうえで必要となってくる。

【9】オーガニックな庭のデザイン(講義と実習)
  講師:曳地義治&曳地トシ(JOGA)

オーガニック・ガーデンをつくるためには、自然環境にだけ配慮
すればいいというものではない。庭を使う人間への配慮も不可
欠である。庭が使いやすければ、庭に出る回数も自然と増え、
すると庭の植物たちにも目が行きとどく…という「よい循環」が始
まることになる。

伝統に縛られず、ブームにも流されない、人と自然にとって理想
的な庭とはどのようなものか。オーガニック・ガーデンづくりに欠
かせない、使いやすい庭づくりの基本を学ぶ。

【10】雨音堂に見る使いやすい庭のデザイン(見学と説明)
   講師:曳地義治&曳地トシ(JOGA)

実際の庭を見ながら、オーガニック・ガーデンのヒントになる事柄
(コンポストボックス、レイズドベッド、雨水タンク、収納小屋、庭
の虫たちなど)を見ていく。